ロゴ
HOME>コラム>ロールスクリーンで部屋の雰囲気をガラッとチェンジ!

ロールスクリーンで部屋の雰囲気をガラッとチェンジ!

ロールカーテン

部屋に雰囲気に合わせて色やデザインを選ぶ

部屋の窓を全てカーテンにすると、なんとなくもっさりとした、あか抜けない印象になるかもしれません。そんな場合は、小窓や腰高窓にロールスクリーンを付けてみるという方法があります。ロールスクリーンは、ドレープのあるカーテンとは違い一枚の平面の布なので、それだけで部屋全体がとてもすっきりとした雰囲気になると思います。横長のはきだし窓のように、面積の大きい部分にはカーテンの方が扱いやすく向いていますが、細長い窓や、カフェ風の小窓にはロールスクリーンがとても良く似合います。淡い単色の生地を選べば、部屋全体を広く、明るく見せることができますし、印象的な柄ものを選べばおしゃれなアクセントになります。また、大胆な柄を使えば、絵画のような印象を与えることもできるでしょう。和室や子供部屋など、部屋に合わせて素材や色を選べば、部屋全体をトータルに演出することができます。

ロールカーテン

機能性にも注目しておこう

ロールスクリーンは、様々な機能を持っています。スクリーンの上げ下げをチェーン1本で調整できるのでとても簡単ですし、上下の開閉で日差しの調整が自由に出来ることも便利です。外からの視線をさえぎったり、明るさを調整したりしたい場合には遮光性のある生地のものを選べば、すっきりとした安心な空間を作ることができます。また、窓だけに限らず、部屋の間仕切りや目隠しとして利用することもできます。間仕切りの場合は、パーテーションのようにかさばらないので、圧迫感なく手軽に使えると思います。目隠しに使う場合でも、ロールスクリーンをさっと下げれば良いので、急な来客の時などでも慌てずに済むでしょう。意外な使い方としては、プロジェクタースクリーンの代用にするということがあります。低コストで楽しめるのでおすすめです。